« ゲリラ… | トップページ | 始まるまでが大変。 »

2008年9月 8日 (月)

自分の事を少しお話しますと、以前は他のお仕事をしていたのですが

3つ離れた姉を病気で亡くした経験がありまして、

その姉を病院で看病していた頃、母と私との二人が交代で

職場と病院と家とをただただ行ったり来たりして、

二人とも体力も精神力もかなり疲れたんですね。

病人を抱える家族の大変さを知っている自分が

次にできる仕事はこれかなぁと・・・そんなことで介護のお仕事をしようと

思ったわけなんですね。

とくだん、お年寄りが好きだから、とかいう事じゃなくてすいませんけどcoldsweats01

どちらかというと、介護が必要な人を診ている家族の助けに少しでもなれば、

という気持ちの方が強いかな。それは今も変わらないかなぁ。

施設を使ったり、在宅で介護したり、いろいろなご家庭があるのですが

私が関わっているのは在宅への訪問介護。

在宅で診ている家族は、24時間心配が途切れる事はないし

そしていつまで続くのかわからない事からくる不安とか葛藤とか、色々な思いを

抱えているのですよね。それは私たちが代わってあげられるものでもなく、

ずっと家族にはついてまわるもの・・・。

せめて少しでも助けになれば、と思ってね。

実際のお仕事は、きれいごとばか言っていられないですよ。もちろんbearing

問題は山積みだしね。だけど、そういう気持ちは忘れずに持っていないと。

モラルとか、きちんといつも身につけていないと、いくらでもどうにでもおかしな方向へ

いけちゃう危険も含んでいるお仕事なのでね。

いい仕事ができる環境と、仲間とが、この仕事をしている皆さんの周りに

あるといいなと、ほんとに思います。

|

« ゲリラ… | トップページ | 始まるまでが大変。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。